FXには取引所取引という場所がございます。外為(FX)企業と商業取引を実行する行為を「店頭取引」と呼ぶのですが、取引所を通過させず売買のペアは外為取引業者になります。「取引所取引」という場所は外為取引業者はあくまで橋渡しあって率直の商売ペアは取引所になっています。その違いをこの場でいくらか比べてみましょう。初めに「店頭取引」の折は託してあるお金はFX会社に統括されているのです。こなた「取引所取引」のケース、このお金は全てのお金取引所に預託しなければいけないと決められています。そういった事で仮にFX(外国為替証拠金取引)業者が破綻するなんていう経験があっても、取引所取引は取引所によってお金は全姿金防守されることになります。場合は外為(FX)業者が調節しているから、業況を見て会社経営破たんのつけをに及び預金していた資金は防護されないかもという可能性があります。また税金面から言っても両者については条件に差異が見受けられます。「店頭取引」では、為替差益やスワップ利息などを雑所得として報酬と合算して報告をせねばいけません。確定申告せず済む際もありますので自分に当てはまるのかしないのか入念に検討してください。もしも貴方が勤労者で収入二千万円以下給与の所得以外の実収が20万円以下(複数の会社から賃金所得は無いということ)という取り決めを満たしている状態でいるなら特別という事で確定申告は不要でOKです。外為利潤が20万円以上の次第は確定申告するようにして下さい。税金の度合いは手取りに反応して5から40%の6段階に仕分けられており所得が高いならばtaxも上がります。「取引所取引」では、利益があった時は他の儲けとは別件として「申告分離課税」の的になってしまうのです。税の割合はすべて20%となるのですが、足が出るのが決まったのであるならば「取引所取引」の得策として損金分を次年以降に繰越するということができます。上記のように、「取引所取引」の方がより安い税になる事も大いにあるのでふまえてみて考えた方が良いと考えます。特にビギナーの方なら、ジャスダック株価の浮き沈みや円の状態に毎日気配りし、もうけや赤字に一喜一憂する事によって、税金においてのことを忘れ易くなってしまうこともあるので注意しましょう。赤字は困ります。でも、実収が高騰すれば税金についても値上がりするので注意と自覚がポイントです。